ルテイン×ビルベリー

ビルベリーの有効成分「アントシアニン」の歴史と効果!

 

ビルベリーはブルーベリーの仲間です。ビルベリーがなる木は40pの位の低木で、青紫色の果実をつけ、果実は約7oとそれほど大きくなく、果肉がソフトで強い酸味があることが特徴です。

 

ビルベリーにはアントシアニンがたくさん含まれており、このアントシアニンが目に良い影響を与えることが研究によりわかってきました。この研究は戦争中、あるパイロットからビルベリー入りのジャムを食べていたところ暗いところでもしっかりと物が見えたといった報告があり、このことからイタリアやフランスでブルーベリーの機能性の研究が始まりました。

 

ビルベリーは加工しやすいため、ジャムだけでなくドライフルーツやジュースソース抽出エキスなどとして食されています。その後、ビルベリーに多く含まれる色素であるアントシアニンが、人間の視力をサポートする効果があるということがわかりました。

 

この効果がさらに注目され、薬としての研究も進みました。このような臨床実験を通して1970年代にブルーベリーの医薬品としてイタリアでTegenus(テジェンス)が医薬品として承認されました。

 

 

この商品は、現在でも目の疾患の治療薬として使われています。ビルベリーにはこのような視機能の改善効果だけでなく、他にも活性酸素除去効果や糖尿病性網膜症の予防効果、血流改善効果などなどのたくさんの効能があります。

 

中でも、花粉症を発症する前にビルベリーを摂取することで、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを減少させるという花粉症対策の効果は注目です。

 

また、美容上の効果としては、ビルベリーには肌のハリや弾力を保持する働きがあるとされています。ビルベリー葉エキスは肌の弾力などを奪う酵素の働きを抑制する効果があり、コラーゲンやエラスチンというタンパク質を肌内でしっかりと保持することができ、肌のしわやたるみを予防して張りと弾力のある肌に導く効果があります。

 

そして、ニキビなどを予防する働きもあるため、女性に嬉しい効果効能がギッシリ詰まっている植物ともいえます。

 

 

そしてビルベリーを摂取するならサプリメントがおすすめです。サプリメントは効果的にこれらビルベリーの栄養素を摂取でき、しかも手軽で簡単に飲むことができるため、毎日続けることができます。

 

さらに通常のビルベリーに含まれているアントシアニンは体内への吸収率が悪いといわれていますが、サプリメントの中には吸収率が高められた特許が取得されているようなビルベリーが使われているサプリメントもあります。

 

パソコンの使い過ぎで目の疲れが気になる方や肌のハリを保って老化を予防したい方、糖尿病性網膜症の予防をしたい方など、様々な体調や美容面の悩みごとに対しておすすめなのがビルベリーといえるでしょう。

 

効き目抜群!疲れ目にビルベリー×ルテインサプリメント!