ルテイン×ビルベリー

加齢黄斑変性とは!?ルテインやゼアキサンチンが有効!?

 

 

最近転んだり細かい文字が何だか読みづらいなど、目の変化を感じている方も多いと思います。加齢に伴い他の部位と同様で目にも老化が訪れます。

 

最近増加傾向の目の病気「加齢黄斑変性」という病気をご存じでしょうか?加齢黄斑変性とは、網膜の中心部にある黄斑に老廃物が蓄積し、網膜が受けた信号を脳へ正しく伝える事が出来なくなる病です。

 

欧米では以前より失明の原因の第1位になっています。日本での失明原因は第4位と上昇していて、50歳以上では約1%の方が罹患しています。

 

 

 

 

加齢黄斑変性症の種類って?

 

この加齢黄斑変性の原因は脈絡膜新生血管の発生によりますが、新生血管の有無によって「萎縮型」「しん出型」の2種類に分類されます。

 

萎縮型は、老化によって網膜色素上皮が徐々に萎縮し、視力が低下するタイプで進行は緩やかなのが特徴です。ちなみに現在萎縮型の治療法はありません。

 

しん出型は、脈絡膜新生血管が網膜と網膜上皮の間に侵入し障害を与えるタイプです。異常な血管のために成分が流出したり血管が破れたりするリスクが高く網膜に影響を及ぼします。

 

日本人にはこのタイプが多く、またしん出型は進行が速く数か月~2年以内に症状が重くなる危険性があります。ちなみにタバコを吸っていると発症率が高くなるため、喫煙者は要注意です。

 

次に太陽光線、主に紫外線や青色光には活性酸素を多く含んでいます。これらを予防する抗酸化物質が足りなかったり、日光を多く浴びたりする方も発症リスクが上がります。

 

 

加齢黄斑変性の症状って?

 

加齢黄斑変性になるとどのような症状が現れるのでしょうか?

 

  1. 変視症:網膜の障害により中心部の黄斑が正しく機能しないために、物を見た時に中心部が歪んで見えますが周囲は正しく見えます。
  2. 視力低下・中心暗点:さらに変性が進行すると、歪んで見えた中心部が黒く何も見えなくなります。この症状が発症すると多くの方が視力も0.1以下となるといわれています。しん出型の方は急激に進行し重症化するので早めの受診をおすすめします。
  3. 色覚異常:変性が進行すると目に見える色彩が不明瞭になります。

 

 

加齢黄斑変性は、眼科での視力検査やアムスラー検査、方眼紙の様な格子が書かれた用紙を見て格子の歪みを検査する方法などで診断されます。

 

50代以降の方で気になる方は是非受診して下さい。

 

 

加齢黄斑変性の治療方法って?

 

現在しん出型での治療法は数種類あります。よく行われている治療法をご説明します。

 

光線力学療法

 

ヒスダインという光感受性物質を点滴します。その後非常に弱い出力の専用レーザーを照射します。

 

脈絡新生血管のある病変によってレーザー照射範囲を決定します。この治療法のデメリットは、治療後48時間は強い光を浴びる事が出来ず、万が一浴びてしまうと光過敏症などの合併症を引き起こしてしまうリスクがあります。

 

また、1度のレーザー照射で治療が終了する事も少なく、専門医でなくては治療出来ないところもデメリットといえるでしょう。

 

 

抗血管新生薬治療

 

脈絡膜新生血管の発生には、血管内皮増殖因子が関係しているとされています。この因子を阻害し新生血管を退縮させる治療法です。

 

 

現在3種類の薬が使用されています。薬によって異なりますが、瞳のガラス体に4週〜6週間隔で2〜3回の注射。経過観察し新生血管があれば再度注射をします。

 

多くの場合光線力学療法と組み合わせて利用されます。この治療法のデメリットは、ハリをガラス体に刺すために感染症のリスクがあります。

 

 

薬の副作用もあり、眼圧上昇・視力低下・網膜出血などの報告もあります。おおよその治療費は、3割負担の方で約20000円〜55000円程です。4週に1度を3回以上の治療をする方が多いようです。

 

 

 

加齢黄斑変性の原因!活性酸素、紫外線やブルーライトに要注意!

 

加齢黄斑変性の原因には、活性酸素も大きく関わっています。活性酸素とは、私たちが呼吸をして取り入れた酸素が一部変化したものですが、強い酸化力です。

 

そのおかけで、体内に侵入してきた細菌やウィルスを攻撃して病気から守ってくれているのですが、活性酸素が増加しすぎると正常な細胞まで攻撃してしまうのです。

 

攻撃を受けた細胞は老化をし始めます。このような事から活性酸素が体内に増加すると黄斑変性の進行も促しかねないのです。

 

 

活性酸素はブルーライトや紫外線に目がさらされると発生します。なので、普段からパソコンやスマホを長時間ながめる習慣のある人、また炎天下の中長時間外にでる必要がある人は、ブルーライトを遮断する眼鏡やUVカットのサングラスを着用して、有害な光から目を守るようにしてください。

 

 

活性酸素対策におススメの栄養素は!?

 

また、加齢黄斑変性だけなく将来的な眼病を予防するためにはを予防するためには普段から「目にいい栄養」をしっかり補うことが必要です。そこで重要となってくるのが抗酸化作用」です。

 

 

抗酸化作用に有効な成分は、カロテノイドと呼ばれる、動植物や微生物が持っている黄・赤・紫などの色素の総称に含まれています。

 

有名なカロテノイドに、ルテインやアスタキサンチンなどがあります。特にルテインは水晶体に多く存在する成分で、有害な光線が目の中に入ってくるのを防ぐ働きをしています。

 

 

このため、将来の加齢黄斑変性に加え将来的な眼病予防のためにルテイン・アスタキサンチンを日常的に補っておくことが重要ですが、これらの栄養を毎日補うのならサプリメントの利用がおススメです。

 

 

理由は、これら栄養素を毎日、食事だけから補うのはかなり手間がかかるためですが、下のページでルテインやアスタキサンチンが含まれている食べ物、またアスタキサンチンやルテイン、さらにゼアキサンチンなどの目にいい成分が絶妙の割合で配合されているサプリメントをご紹介していますので、興味のある方はご確認下さい。

 

【抜群!】疲れ目にビルベリー×ルテインサプリメント!