ルテイン×ビルベリー

視力低下にはルテイン&ビルベリー!?目にイイ栄養って!?

視力低下にはビルベリー&ルテイン!?目にイイ栄養って!?

 

現代の日本人に多いといわれている近視、いわゆる視力の低下ですね。近視のはっきりとした原因は未だ分かってはいないのですが、近視が進行していく原因として2つの説が複合する事にあるのではないかと研究は進んでいます。

 

近視の進行原因の1つ目の説は遺伝説。文字通り親が近視で視力が低下している場合、子供にも遺伝子の影響により近視が遺伝してしまうという説です。

 

2つ目の説は環境説。住宅環境や勉強やゲームなどの頻度等、人それぞれの生活する環境によって視力も左右され、近視の傾向が強まるといった説です。現在、この遺伝説と環境説が合わさり近視のリスクが決まると考えられています。

 

 

若いうちは近視になりやすい(視力が低下しやすい)ので注意が必要

若いうちは近視になりやすい?

 

特に近視は若い、0歳〜20代前半までは注意が必要です。この頃の年代は成長期にあたり、身長が伸びるのと同じように眼球のサイズも徐々に大きくなっていきます。

 

眼球の成長過程によって、水晶体と網膜の距離が長くなり、光の焦点の位置が手前にずれ始めます。13歳あたりまでは焦点が網膜の後ろにある人が多く、そういう人は遠視傾向になります。

 

やや遠視傾向の人は成長により焦点が前にずれ、ちょうど良い位置に焦点が合い、正視と呼ばれる矯正の必要がない正常な目となります。逆に元々焦点が正視の位置にある人の場合、成長によって前方へずれてしまいます。

 

 

そうなると近視傾向が強くなってしまいます。元々の目の作りや屈折により近視傾向が強まる事は遺伝的ですが、この時期に勉強時間の増加やゲーム、パソコンをいったものを長時間利用していると近視リスク(視力低下のリスク)を上昇させてしまうので注意が必要です。

 

 

成人になってからも要注意!視力低下の原因って?

成人になってからも要注意?視力低下の原因って?

 

このように若いうちは特に普段から目を酷使することは避け、近視になるリスクを避けて頂ければと思いますが、では大人になってからは大丈夫かというとそうではありません。

 

大人になってからも環境によっては視力が低下しますが、大人になってから(20代以降)に視力が低下する原因は長時間のパソコン作業やスマホの使いすぎといったことが原因として挙げられます。

 

 

スマホやパソコンをずっと見ているということは、水晶体の厚さを調節し、目の焦点を合わせるために働く筋肉である毛様体筋をずっと使い続けていることになります。

 

筋肉をずっと使い続けている筋肉が疲労し、正常に働けなくなるのと同じように毛様体筋もずっと使い続けていると疲労がたまり、水晶体の厚さを調節するという働きができなくなります。

 

 

すると遠くのものをみようと思っても水晶体が調節できず、一時的にですが目の視力が低下します。普段、事務などで一日中パソコンの画面を見ているという人は、仕事終わりにこのような症状を実感されたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

こういったことが継続するとと徐々に毛様体筋も衰えていき、慢性的に視力が低下してしまうので注意が必要です。

 

 

普段からパソコンを利用している人は定期的に目を休めたり、姿勢に気を付けてパソコンの画面と眼が近づきしすぎないようにするなど、目を大切にするような習慣をつけることが重要です。

 

また、後述しますがアスタキサンチンやルテインといった成分が目の疲労回復に効果的ですのでサプリメントなどでの摂取もおすすめです。

 

 

ブルーライトが視力を低下させる理由

ブルーライトが視力を低下させる理由?

 

また、パソコンやスマホの使い過ぎで視力が低下してしまう原因は筋肉の疲労だけが原因ではありません。毛様体筋によって厚さが調節されている水晶体を衰えさせるブルーライトも大きな視力低下の大きな原因となります。

 

 

私たちが生活している空間では、様々な目に有害な光を取り入れています。この光から瞳をいかに守る事が出来るかが重要なカギとなります。

 

有害な光の代表格は紫外線やブルーライトが挙げられます。これらの光線が水晶体にあたることによって水晶体にダメージを与え、老化させます。

 

するとこれまでは毛様体筋によって問題なく伸び縮みし、ピントを合わせる働きをこなしていた水晶体が伸び縮みできなくなっていきます。

 

こうして遠くのものを見ようと思っても見えづらくなります。なので、1日中パソコンなどを使っている人はブルーライトには要注意です。

 

 

ブルーライトによって白内障や緑内障に!活性酸素が原因?

ブルーライトによって白内障や緑内障に!活性酸素が原因?

 

また、この二つの光は目の病気である白内障や緑内障を引き起こすきっかけとなるも言われていますので注意が必要です。

 

これら目の病気の大敵は活性酸素です。ブルーライトや紫外線を浴びることで活性酸素が増加します。

 

 

活性酸素は私達が空気を吸い酸素を取り入れ、エネルギーを手に入れる過程で排出される老廃物ですが、人間の体をウイルスから守るうえで最低限の活性酸素は必要です。

 

活性酸素は体の中に入ってきたウイルスを退治してくれるからです。ですが、この活性酸素は体内で増えすぎると今度は正常な細胞まで攻撃します。今となっては老化の原因とされている物質です。

 

 

白内障の症状である水晶体が白く濁り視界が狭まる症状も、水晶体の主成分のタンパク質が活性酸素の影響で変化する事が原因です。緑内障についても視神経が障害を受け視野が狭くなっていく病気ですが、その原因となる眼圧の上昇も活性酸素が影響し水晶体を膨らませているといわれています。

 

 

ちなみにブルーライトが一番強い物は「スマートフォン」です。現在、ブルーライトをどの程度受けるとどのような影響があるのかは調査段階ではありますが、スマホの普及に伴い眼精疲労などの目の疾患を訴える人も急上昇しています。

 

スマホが特に目の負担になっている理由は、画像などがドットで形成されギザギサになっている事もあります。ギザギサの画像は通常の印刷物を見るよりもピント合わせが難しく、また画面からは強い光を発しているので、瞳は瞳孔を小さくするために目の筋肉を酷使します。

 

このように今の時代「もはや持っていない人の方が少ない」といっても過言ではないスマホは目にとって大きな負担となっていることを覚えておいてください。特に白内障や緑内障になってしまうと視力低下どころか失明のリスクすら出てきます。

 

 

視力低下から守ってくれる目にいい栄養って?

視力低下から守ってくれる栄養って?

 

目は人間の体の中でも最も「紫外線(ブルーライトなど)にさらされやすい」部位になり、これは「最も活性酸素が発生しやすい」部位とも言い換えることができます。

 

しかし、仕事上パソコンやスマホを手放す事は出来ず「わかっているけど避けることができない」という人も多いでしょう。そんな有害な光が目の中に入っても守ってくれたり、目の疲れが襲ってきても疲労回復を早めてコンディションを整えておくと目の病気のリスクは軽減できます。

 

 

例えば紫外線を防ぐために日中はUVカットのサングラスを着用したり、パソコンから発生するブルーライトはブルーライトをカットしてくれるサングラスを着用することで目の負担を軽減できます。

 

ただ、それだけではピントを常に合わせようと頑張っている毛様体筋の疲労対策にはなっていません。また、こういった対策で100%有害な光線を防ぎ、活性酸素の発生を抑えられるわけでもありません。そこでおすすめなのがアスタキサンチンやルテインといった栄養を普段からとっておくことです。

 

 

アスタキサンチンルテインには強い抗酸化作用があることが分かっており、活性酸素の過剰な発生を抑えてくれます。

 

「ルテイン」はほうれん草やケールに、「アスタキサンチン」はブルーベリーに多く含まれています。強い抗酸化力で活性酸素から目を守り、網膜に特に多く存在し私たちの目を守ってくれているルテインは目の病気を予防してくれます。

 

 

ただ、残念ながらこの2つの成分は体内では作る事が出来ず、食材からの摂取が必要です。また加齢に伴いルテインの貯蔵力も減ってしまうので継続しての摂取も必要となりますが、毎日沢山のほうれん草やケールやブルーベリーを食べるのは大変です。

 

そこでおすすめなのがブルーベリーやルテインといった栄養をお手軽に継続して取り入れられるサプリメントを利用することです。

 

最近ではブルーベリーの5倍ものアスタキサンチンが含まれているビルベリーやルテインと一緒に摂取することより目の疲労回復効果が期待できるゼアキサンチンなど、目におススメの成分がぎっしり詰まった高品質なサプリメントも登場しています。

 

普段からパソコンやスマホを長時間利用し、目を酷使して「視力の低下が気になる」という人は今から対策を行い、目の病気を予防して頂ければと思いますが、そんな方におススメのサプリメントを下のページでご紹介していますので参考にして頂ければ幸いです。

 

【抜群!】疲れ目にビルベリー×ルテインサプリメント!