ルテイン×ビルベリー

ドライアイでパソコン作業!DHCのブルーベリーエキス体験談!

 

マイボーム腺が詰まっているらしく、目の縁を指で強く摘まむと、マーガリン状の皮脂が出てくるタイプのドライアイなのに、パソコンの入力が主のな業務なOLなので、目が疲れるのは仕方のない事だと思っていました。

 

32歳の時に一般事務から経理補助に変わり、細かい数字を見る事が増え、夕方には目の充血やかすみ、薄暗くなると遠近感や立体感が分かりにくくなってしまいました。

 

 

疲れ目や充血に効くという目薬を使うようになったのですが、視界のかすみや夕方以降の見え辛さは改善されず、40歳を迎えるころには、帰宅途中に電柱や道路標識によくぶつかるようになってしまい、目の健康に役立つといわれているブルーベリーに興味を持ちました。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、ドライアイを改善する力はないそうですけど、ドライアイが原因の疲れ目の軽減には役立ちそうに思えましたので。

 

ブルーベリー

 

 

ブルーベリーの中でも、目に効く成分が多く含まれているのはビルベリーという品種だということでしたので、原材料にビルベリーが含まれている物・アントシアニンとルティンの含有量・コストを見た上で、DHCのブルーベリーエキスというサプリを選びました。

 

ビルベリーサプリの中ではかなりコスパが良く、サプリの名前もブルーベリーエキスなので、文字通りブルーベリーのサプリかとも思ったのですが、パッケージの裏を見れば、ブルーベリー(ビルベリー)エキスと表示されているので信じてみる事にしました。

 

ソフトカプセルタイプのサプリにしては小粒で飲みやすいですし、喉にひっかかるような事も無ければ、口の中に味が残るような事もありません。

 

 

1日2粒なので、朝と夜に飲むようにしたところ、日中の疲れ目が軽くなり、目薬を使う頻度が減りましたよ。

 

夕暮れ時はやはり遠近感や立体感が分かりづらくなりますが、街灯が点るくらいまで暗くなれば普通に段差も見えるようになりましたし、疲れ目が原因だと思われる、目の奥から首の後ろに抜けるような頭痛を覚える事も減ったので、DHCのブルーベリーエキスは目の健康に役立っていると思っています。

 

特に今から考えると頭痛まで出ていたということは眼精疲労だった可能性が高いと思います。病院に通いだしてからしったことですが、疲れ目と眼精疲労は明確に違うようですね。

 

疲れ目⇒眼精疲労は危険!?ルテイン&ビルベリーで対策!

 

眼精疲労までなると症状が目だけでなく、体のあちこちに不調があらわれるのが特徴ですので、思い当たる人は注意が必要です。

 

 

 

ちなみに目にいい栄養はアントシアニンだけではなく、ルテインやゼアキサンチンなども一緒にとったほうが確実に目にいいことは確かです。

 

普段から目を酷使しているためそういった目にいい栄養を余すことなく取り入れたいという人の場合、それが可能なおススメのサプリメントを下のページにてご紹介されていますので、よければ参考にして頂ければと思います。

 

効き目抜群!疲れ目におススメのビルベリー×ルテインサプリメントは!?